読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

DSを新しく!

写真ありの日記

f:id:poke-monn:20160922191339j:image

ゲオでLLが14000円で売られてた。
という訳で買っちゃったよ!
目的は専用ソフトと、スーファミVC!
あとデカイ画面!
最新!いえー!

なお今やってる聖魔のデータは消えてないから安心してくれっていうか残ってたのすげぇ。

聖魔の光石 ヨシュア編 その7

ゲーム日記 ファイアーエムブレム 写真ありの日記 日記 暇つぶし 縛りプレイ・ゲーム日記

f:id:poke-monn:20160921112126j:image

 

嘘あらすじ

俺のデータのジストがこんなに弱いわけがない

なんでそんなに被弾すんの…

 

 

12章

f:id:poke-monn:20160921112437j:image

うへぇ、山まみれのマップは苦手なんだよ。

狭いし、奇襲されるのが怖い。

だけど相手は魔物だから、久しぶりにヨシュアが本領を発揮(主に二回攻撃、高い攻撃力とドーピング防御)できる。

 

サレフが強制的に出てくるのが邪魔すぎる…

強制的に出るキャラクターをどうにかするのもキャラ縛りの難関。

 

作戦としては避ける盾ヨシュア→壁ジスト(ウェンディ並のやわらか)→ちょうど良く削れたらマリカ→飛行系はアスレイ

で行ってます。

 

f:id:poke-monn:20160921112722j:image

f:id:poke-monn:20160921112747j:image

っていうか増援する事知らなくてその後死んじゃったんだけど!

二回目は増援されてもいいように攻撃範囲外にふたりを逃がす。

 

っていうか珍しくヨシュアがキーン連続。

ドーピングの力とはいえヨシュアがキーンしてジストがキーンしないとは珍しい。

 

そして進んでる中気づいたが賢者杖使えるじゃん

何でこんなこと忘れてたんだ!!!

アスレイにライブを渡し、ぐっと進むことが楽になった!

アスレイは前線に出せるし。

 

f:id:poke-monn:20160921113020j:image

あああ、ユアン救出だよバカあああ!!!!!!

(その後リレーして救出)

 

今回は特にピンチもなくクリア!

魔物相手はやっぱり楽だ…次以降が厳しくなるかな?

 

 

おまけ

あまりにもマリカとジストが前線に出せないのでマリカとジストをフリーマップでレベル上げ。

マリカは凄いくらい女の子成長したが、攻撃の安定さ(技)は出てきた。 

島本和彦めっちゃ熱い人じゃあないか。

暇つぶし 日記 写真ありの日記 実生活に役立つ? 漫画日記 作ってみた

f:id:poke-monn:20160920211949j:image

今は昔のバビロニア

鋼の拳が天をつく

異形の魔神を倒すため

怒りで火を灯せ!

※今回の記事と関係があります

 

 

島本和彦という漫画家がいるだろう。

最近じゃゴジラの発声上映会で世間をざわつかせた、暑過ぎる漫画家だ。

私もこの漫画家を知ってから二ヶ月しかたってない上に作品が古本屋でもなかなか手に入らなくてある程度までしか知らないのだ。

 

だが彼は熱い。熱すぎる。

 

前ブック〇オフで運良くアオイホノオ1巻(1巻目だけ…どんだけ運がいいのか)を見つけた。

私は好きな作品に島本和彦が関わってるぐらいしか知らないからどーせ読んでも島本和彦への思いは変わらないだろと思ってた。

 

アホみたいに熱血

彼の漫画に魅力された!なんだこのアホみたいな展開の速さ!アホみたいなスピードの良さ!アホみたいな熱血さ!

私はこの人の!熱血さにやられた!やられたぞぉぉぉおおおおおお!!!!!!

 

 

とりあえずやばい。かわいそうなあだち充!という言い回しで腹筋が死ぬ

彼はハイテンポっていうかハイテンションで描くからなんか笑いが止まらない。

笑わなくても心の奥を震わせるツッコミ不在のハイテンションをぶち込んでくる。

 

 

とりあえずこの人の熱血さに負けて密林で中古のマンガをポチってしまった。

今この人のラジオを聞きながら書いてるがテンション高すぎて笑いながら書いてる。

この人もう突っ込みどころしかない。笑うしかない。

 

 

 なお冒頭の歌詞は島本和彦が関係している「LIVEALIVE」より「GOGOブリキ大王」の歌詞です。

島本和彦はLIVEALIVEの主人公である晃(アキラ)というキャラクターのデザインをしました。

ついでに島本和彦はこの歌詞一般応募に受かりました 何故

終えてしまったショー

精神が不安定状態の記事

メイクがボロボロに剥がれても続けたかった。

 

ただ褒めて欲しかった、褒めてくれたことがない。

数学の飲み込みが早い子と褒められたことの嬉しさ。課題をほぼミスなしで終えた時の達成感。

 

才能がない。

すべて中間が最も最高をモットーにしている故に何もできない。

俺に個性が感じ取れない。

俺がこのブログで無理やりと個性を出しているのが分かってるだろうか?

 

俺は普通を目指しすぎた知的障害者だ。

知的障害者だから何もできない。無理やり才能を掴んで今だ。

 

 

統合失調症自閉症、情緒障害をタッグで組んだ患者がこのブログを書いてるんだ。

もちろん薬も飲んでいる。眠剤とか安定剤が主だ。6年は飲んでいる?

自閉症が描いてるんじゃねぇよ、自閉症は下手なままだとずっと脳内での葛藤がある。

 

愛が欲しかった。

条件のついた愛を得ようと何度あがいた?

自分を愛しようと思ったらどこにも愛していい要素がなかった。

愛を知らぬままここまで来た。

 

終わってしまった。素敵なショーはできない。

終わってしまった。いや、終わらせた…?

私は綺麗にショーを終わらせたかった…

 

 

ああ、すまない。少し凹んだだけだ。

俺はなにをやっても素敵になれないと、なにかがずば抜けた存在になれないと思っただけだ。

その他にもあるがね。家族と言えるかが怪しい場所に住んでいることも関係あるがね。

 

俺はやはり素直になってはいけないから、最も大人びた口数の少ない何でも知ってるおもしろい俺を演じ続ける。

俺が素直になったら何人傷つける?

とにかく今回は俺を俺のままで書かせて欲しい。すまない。