ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

イキル(ココロ替え歌)

孤独なアスペルガー 現実はきらい
学校に行く事は "奇跡"
僕はただの毎日
だらだらとすごす
なぜか「イキル」ことを
コバンデイル

14年 年が過ぎ
独りで残された
奇跡の女の子
願う
知リタイ アノ人ガ
ショウガイノ ボクニモ
ボクニ ヤサシクシタ
「ココロ」

 

今 動き始めた 加速する奇跡
ナゼか ナミダが 止まらナい…
ナぜ ボクは 震える? ココロは捨てたはず
こレが君の気遣い 「イキロ」?

 

フシギ イキル イキル フシギ
僕は知った 絵を描く事を
フシギ イキル イキル フシギ
僕は知った 自分の障害
フシギ イキル イキル ムゲン
なんて深く切ない…

 

今 気付き始めた
生まれた理由を
きっと「家族」は幸せ
そう、あの日、あの時
全ての記憶に
宿る「生きろ」が溢れ出す

 

今 言える
本当の言葉
捧げる あなたに
アリガトウ・・・
この世に私を生んでくれて
アリガトウ・・・ 
僕に言葉をかけてくれて 
アリガトウ・・・
あなたが私にくれた全て
アリガトウ・・・ 
イノチを大事に
アリガトウ・・・
 
 
 
 
 
それはまさに奇跡でした。
"イキル"を喜びを得た彼女は通い続けました。 
みんなのところへ。
しかし、その奇跡もつかの間。

"イキル"は彼女にはあまりにも大きすぎました。
その大きさに耐えられず彼女はショックし
引きこもる道を選びかけました。
 
しかし、人と接するときは笑顔に満ち溢れ 
希望を持ったようでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
学校に行く事は奇跡…医者から学校を休んでもおかしくない、行く事はとてもすごいと言われたのをオーバーに
 
ココロは捨てたはず…学校では精神崩壊しかけ。それをオーバーに
 
僕は知った 絵を描く事を…うごメモというゲームのこと。
このころからお絵描きを始めた。
そして仲間ができた。
 
家族は幸せ…ママとパパいわく、10年間ぐらい子供ができなかったそうで。
そりゃ俺大事にされるわ。
広告を非表示にする