ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

夜咄ディセイブ替え歌 中二病自分様(カゲプロなんてぜんぜん知らないからかの?が好きな人注意)

妄想するは得意なんだ
でも、高二の時は高二病
可笑しいね、いつだって
俺は第三の目を開けているんでよ

シーンとした静まり 学校でいたい子認識で
ツービートで光って たまには愚痴っちゃって良いかな
ねぇ、ちょっと話そうか 俺の第三の目の秘密
もうなんか収まらない 「ネタ話」だって?

「ふっ…」

「お前は俺の本気を知らないな…」

じゃあ、ちょっと喋ろうか。 俺のかっこいi「妙なとこ…」
平凡を装った 僕がずっと悩んでいる事
 数年は経ちそうな ある日『悪霊』の声がして
俺は思ったんだ 『俺は異世界の王子様』


それ以来、俺は目覚めて星の剣を探し始めて
『異世界の王子』に成り果てちゃってさ
…あぁ、ごめんね 泣かないで!いきなりでびっくりしただろう?

女「(何なんだろうこの人…)」


「オーマイガアアアアア!なんて黒歴史!」彼女誤摩化す…
なんて言ったって俺は中二(病)じゃない!
聖剣作ってマント作って妄想して

皆今日もまた徒然、すげぇ笑う


光が消えそうな 世界嫌いそうな人間も
 人類が泣きそうな 暗黒が嫌いな王様にも
そう、もう駄目なんだ 俺の「妄想」中二病
時間を飲み込んだ それ以降気付いたんだ、俺らは

(この次の部分のリズムを完全に忘れました、リズムが駄目です)

魔王倒し世界平和そんな妄想脚本にしか思われない
「それ中二だ」 「いやいや、本当だよ?」
崩れそうな脳が『No』で満ち満ちていく

オーマイガアアアアアアアアアアア!

もっと聴いて!俺の物語!! 我が力をこの星を聖剣を…
「あきれたよ、はっ」なんて言われた 俺は変わらない

 ニヤけそうな程、常々大妄想呆れてる


オーマイダーティー!

もう嫌だあああ!ほら、痛い目だ!
呆れてる顔 俺なんて もう 中二病
 高校二年分かったよ痛い目の理由
「あぁ、ファンタジーしない」また中二の再発恐れる高二病

あぁ、ちょっと喋りすぎちゃったね
まぁ、また再発したからさ
それじゃあ今日はこの辺で
次に合図が鳴ったときは
もっと中二な俺になってるさ

広告を非表示にする