ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

続く夢とは不思議なものだ。

なんちゅの夢日記がつけてから一年経過したので、ここ最近良く見る「マンガのキャラクターが出る夢」について語ろう。

それはなんちゅの好きなマンガのキャラクターが冒険(?)をする夢なのだが、

登場人物はそのマンガのキャラなのに、

原作と物語、詳細が違う、不思議な続く夢だ。

ある特定のマンガがなにか、キャラというのが誰か、直接的な名前は出さないが、

J・Kという人物が主人公の漫画だ。

さて、その夢はどのように続きどのようなストーリーになっているのか。

現時点での段階をストーリー順に書いていと

  1. J・Kが刑務所行き(原作通り)
  2. J・Kのバトル
  3. 殺人王N・A登場、仲間になる(原作では殺人鬼)
  4. J・Kの父、Jotが出てくる
  5. (いつの間にか)仲間(になっていた)のW・Rが兄の実態を明かす
  6. J・JとD・BがJ・Kの復活をかけてのバトル
  7. E・AがE・Pとのラストバトル 

こうなる。ある特定のキャラクターたちに集中して夢の続きを見るようだ。

しかもキャラの設定が微妙に違う。

3番目の夢ではN・Aという実際にそのマンガのキャラが出てくるが、元の漫画では殺人鬼という設定である。

もっと詳しく行ったらN・Aは銃を持っていた。記憶が曖昧だが、原作では銃は使っていなかったはずだ。

4番目の夢ではJ・Kの父、Jotが出てくる。が、若い。高校生の時くらいは若い。(何故名前をJotと書くというと、ファーストネーム・ファミリーネームでやるとJ・Kとなるからでる)

5番目の夢では原作でもJ・Kの仲間のW・Rが仲間に加わり、脱獄中のドライブ(だと思われる)の途中でW・Rが衝撃の発言をする。

「兄は父を殺した。兄の名前はE・Pだ」

実際に元のマンガでもW・Rの兄はE・Pという設定だ。

だが、この「父を殺した」設定は俺の夢の中だけのオリジナル設定である。起きた時俺も驚いた。

さてその次の夢でこの殺人事件?にまつわる(違う)シリアスから一気にファンタジーへと向かう。

J‥KのひいひいおじいさんのJ・Jが現世(マンガの2012年)に出てきて(生き返って?)J・Jが倒したはずの宿敵・Dが出てくる。この時点でなんのマンガの夢か察せるかもしれないが、夢は夢なので生ぬるい目で見てもらいたい。

しかもJ・KがDに捕まっている(聖歌を歌われると真の力を発揮するから)らしく、J・JはDに戦いを挑んでいる。

この夢でDは「J、魂はいつか切れると思っているのか?」と言っている。たしかにこれのマンガはあるところから名前が似たキャラクターが出てくるパラレルワールドになるが、そのことを指しているのだろうか。

そしてJ・JとDの決戦は最後まで見れなかったが、物語の立場的に最後であろう夢を見た。

E・Aが黒幕E・Pと戦っている夢だ。

これはもう細かい内容を忘れたが、最後にはそのマンガの最後がきっちりと展開されていた。

夢は不思議なものだ。いつか、この系統の夢をまた見るのだろう。

広告を非表示にする