読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

ゲーム日記・ガンマンストーリーの巻

f:id:poke-monn:20150306234120j:plain

※ガンマンストーリー新作のレビューではありません。

 

ガンマンストーリー、前々から気になっていたが

新作が出たと知り初代(?)を購入。

軽くレビューしていこう!

 

とりあえずざっと特徴を

ガンマンストーリーは、3DSDLゲームの一つで、

主人公「クライブ」を操作し、「いとしの姫君」を救うために

序盤は西部劇風のステージを進みながら敵を倒しながら先へ進んでいくゲームだ。

200ポイント。

 

全20ステージあり5の倍数のステージごとにボスが現れる。

操作キーで移動、Bでジャンプ、Yで攻撃、操作キー下でしゃがむ。

シンプルに操作できるゲーム、だが仕掛けの難易度が高い。

大ジャンプで渡る足場の向こうに敵がいたり、

絶対超えられないだろ!という場所に敵がいたり。

ムキーッ、アクション初心者の自分に火が付いた。

しかしノーマルでも難しい。四回ダメージを受けるとダメだからミスしまくりなのだ。

 

しかしみんな言ってる通りキャラクターがぬるぬる動くのだ。

滑らかじゃなく、ぬるぬる。

手書き風のグラフィックは暖かみがある。

 

ちなみにこのゲーム、序盤はまだガンマンやっている。

3ステージ目で空飛ぶリフトが登場するが、

最終的にはUFOでいとしの姫君が連れ去られ

クライブがロケットに乗ってシューティング開始、

重力反転にビームを出すブロック、消える足場まで出てくる。

ガンマン要素はどっかに行く。敵も機械っぽい。

みんな言ってる通りロックマン意識したな、と思う。

でもコンティニューはサクサクだし、敵もちょうどいい位置にいる。

丁寧な作りだと思う。

 

欠点?(ネタバレ)

 

1ステージだけで終わる仕掛けが多い。

トロッコ、ジャンプ力アップ、重力反転ステージなど…

1ステージだけはもったいない。

 

一応目立った(?)欠点はこれくらいである。

 

 

ここからクリア後について。

クリア後、ミセス・ジョンソン(いとしの姫君)と

ダック(ザコ敵)が使えるようになる。

 

ジョンソンは空中浮遊が一定時間可能のかわり

攻撃するたびに足が止まってしまう。

ちなみにジョンソンでプレイするとクライブが誘拐されている。

 

ダックは飛ぶことと移動することしかできない。

なんと雑魚と仕掛けの配置はそのまんま。

クライブ、ジョンソンではできなかったショートカットができるが、

敵が倒せないのでその辺り調整がうまい。

 

まとめ

200円だからかステージも少ないが丁寧な作りだと思った。

バカゲーっぷりがあり、良いゲームだと思った。

雰囲気もいいし、アクション初心者の自分もクリアできる難易度だった。

 

 

 

そういえば二作目がもう発売中だ。

しかしクリア時間1時間(クライブでノーマル)、

ミス100回した自分は…

さぁ、お小遣いを貯めよう…

広告を非表示にする