ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

アナログの鉛筆絵をはっきりさせたい!日記

はい、なんちゅです。

「イラスト用ブログあるからそこで報告しろよ!」

と言われそうですが、ここで報告します。

 

長らくの疑問だった

ピクシブツイッターでなんでみんな

鉛筆の絵のはずなのに綺麗に線画がはっきりしてるんだ?」。

それについていろいろ調べたが

「明るさとコントラスト」「レベル補正」だかなんだか…

 

そこで必死に探しました。

画像編集の知識がパーな自分でもできる

くっきり鉛筆アナログの秘密を。

 

準備するもの

スキャナ(白黒でスキャンできる設定のもの)

絵(ここでは鉛筆で描いた絵。)

好きな画像加工ソフトやアプリ

(ここはお好み。明るさとコントラストがあるものを。)

 

用意した絵はこちら

f:id:poke-monn:20150326184409j:plain

その場でさっさと描いたものです。

グレー(白黒)スキャン→ペイントでトリミングしました。

 

用意する画像加工ソフトやサービスは、

「明るさとコントラスト」さえあれば大丈夫です。

なお、自分は説明するのが大の下手なので、

読みづらいかもしれません。すいません。

 

その1 まず画像を選ぼう!

 

「画像を開く」で画像を選択し、

線を濃ゆくしたい画像を選択しましょう。

f:id:poke-monn:20150326185327j:plain

用意した絵をクリックし、開くを押します。

大体の場合それで画像加工をする場面が出てくるはずです。

 

その2 明るさとコントラストを選ぼう!

 好きな画像加工ソフトやサービスを使い、

明るさとコントラストを探しましょう。

「カラー」か「調整」あたりにあると思います。

 

その3 暗くしよう!

「明るさ」の部分をいじって暗くしましょう。

f:id:poke-monn:20150326190354j:plain

明るさをマイナス21に設定しました

(20や25、15でもかまいません。お好みと目安です)。

 英語の場合Brightnessになってると思います。

どっちみち変わりないので暗くしましょう。

 

なぜ暗くするのか?というと、

この後コントラストをいじると暗い灰色の部分が

明るく白くなり、鉛筆の線は黒くはっきりするからです。

たぶん。

 

その4 コントラストをぐいっと上げよう!

 さっきの暗くした絵のコントラストをぐいっと上げます。

ぐいっと!

f:id:poke-monn:20150326191433p:plain

最初の絵に比べたら白い部分が白く、

黒い線は黒くなった気がします。 劣化するのは宿命。

コントラストは71にぐいっと上げておきました。

コントラストを上げるのは好みの問題だと思います。

ぶっちゃけ100までグイッと上げても問題ありません。

f:id:poke-monn:20150326191920p:plain

上の絵は明るさマイナス21、コントラスト100です。

くっきりはっきりしています。

 個人的にはここまでコントラストをぐいっと上げると

スキャンの時のシワが消える気がします。

(ですが明るさが暗すぎるとシワまで写る気がします…)

 

 その5 あとは自由だ!

 あとはそのくっきりはっきりした絵を加工するなりして遊びましょう!

 

お疲れ様でした!

ちなみにこの記事は自分のメモだったりします。

調べてもさっぱりだったので調べたものに並行しつつ

自分であれこれやった結果です。

なお、レベル補正となるともうさっぱりなので、

そこは説明できません。すいません。

皆さんの鉛筆絵がくっきりはっきりした絵になりますように!

 

おまけ 比べてみた

今回の絵はpixlr Expressというフリーオンラインサイトでの加工です。

なので他のものと比べてみました。

といっても比べたものが少ないですが…

全て明るさマイナス21、コントラスト100です。

pixlr editor

f:id:poke-monn:20150326192811j:plain

JTrim

f:id:poke-monn:20150326192906j:plain

結論

好きなもので大丈夫です。

 

おそまつさまでした…

広告を非表示にする