読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

イチゴ味がアニメ化するので軽くキャラ説明をしてみる。

暇つぶし 日記 漫画日記 その他

まさかの「北斗の拳イチゴ味アニメ化」の報告からしばらくたちました。

 

北斗の拳イチゴ味とやらがアニメ化するらしいがよくわからない」

ケンシロウラオウ以外にもキャラっていたの?こいつ誰?」

 

というハマったばかりの人のために、

イチゴ味に多く出てくる四人たちについて

自分なりに適当に紹介します。

 

 

ちなみに「イチゴ味にかなり多く出てる人」「印象に残る活躍をした人」

を基準にしているので、イチゴ味でかなり多く出てくる四人だけです。

 

ケンシロウ

f:id:poke-monn:20150627001911j:plain

原作では愛する彼女「ユリア」をライバル(シン)に奪われ、

ユリアを取り戻すために旅をする。

超真顔で笑わないイメージがあるが案外笑ってるし案外天然も入ってる。

 

イチゴ味では原作ファンからたまに言われる「天然さ」がパワーアップしてる。

 

サウザー

f:id:poke-monn:20150627002730j:plain

原作では南斗最強の人物で愛を憎むが、

その理由は育ての師を試練で殺してしまったため。

心臓が逆の位置にあり、圧倒的強さでケンシロウを苦しませた。

っていうか北斗でも珍しいケンシロウをズタボロにした実力のある人物でもある。

 

イチゴ味ではアホっぷりが大幅にパワーアップ…というか色々残念(いい意味で)なキャラに。

ケンシロウを聖帝十字陵でずっと待ち続ける健気で不器用な人に。

 

シン

f:id:poke-monn:20150627102236j:plain

原作ではケンシロウの恋のライバル。

ケンシロウの彼女が好きで、彼女を無理やり奪いサザンクロスという街を作る。

最後にはケンの技で死ぬ前に飛び降り、ケンに「同じ女を愛した男」として埋葬された。

ちなみに珍しいケンシロウ(若き頃だが)をボコボコにした一人でもある。

 

イチゴ味ではなぜかケンシロウに想いを寄せている。

ケンシロウ絡み以外では一応南斗唯一の常識人。

 

リン&バット

f:id:poke-monn:20150627103819j:plain

左・バット 右・リン 

 

第一話で(水泥棒として捕まった)ケンシロウと出会った子供。

 

バットは村のこそ泥。ケンシロウについて行ったら食料がもらえると思い行動を共にする。

その後大人となり、「北斗の軍」を作る。大人になると一気にイケメンになる。

アニメ版では車を運転してたり直してたり案外器用。

 

リンはあるトラウマから喋れなくなるがケンシロウに「おまじない」をしてもらい喋れるように。

その後ピンチを助けてもらいケンシロウの跡を付いていくことに。

実はお姉さんがいたりある人に子供を産ませるのだと言われたり大変な子。

 

二人共原作第一話から、ほぼ最終話までいる。

アニメで言う「北斗の拳2」では大人になって登場。

 

イチゴ味では唯一の常識人。ボケまくる奴らにツッコめる唯一の人たち。

 

 

 

イチゴ味によく出てくる四人。

原作をあまり知らない人たちへ、この四人に絞り説明しました。

要望があれば他のキャラ紹介も作るかもしれません。

では!

 

 

 

 

 おまけ

 

ユリア(写真なし)

ケンシロウの恋人。ヒロイン。シン→ユリア→←ケンシロウの三角関係。

実はケンシロウの兄(ラオウ、トキ)もユリアが好き。

南斗最後の将である。

北斗の拳は大体ユリアの奪い合い。そもそもケンシロウの旅もユリア探しだった。

 

イチゴ味では南斗最後の将の出番が取られたりして大変である。

 

 

ちなみに自分、北斗の拳ではバットが一番好きです。

広告を非表示にする