読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

マザー2・軽くカオスなプレイ日記 第一回

実はちょっと前に「マザー2」買ったんです(前に記事に出しました)。

なので、プレイ日記にしてみようと思います。

(思い立った時にはもうフォーサイドまで来ているのでそれまでをあらすじで紹介)

 

プレイヤー

なんちゅ(ネス)

きら(ポーラ)

ロック(ジェフ)

 

あらすじ1

隕石が落ちてきたので仲間(ポーキー)と一緒に隕石を観に行くなんちゅ。

そしたらなんか未来から来たカブトムシに運命がかかってるとか言われ旅に出ることに。

なんか「おまえのばしょ」が大事っぽいのでそこに行くためにヤンキーたちを倒し

おまえのばしょへとたどり着いたのだ!

ついでにPKスリラー(PKキアイ)を覚えた。

 

あらすじ2

次の街、ツーソンまで辿り着いたなんちゅ。

とりあえず寝てると女の子が誘拐されたことが発覚!

ハッピーハッピー村とやらに行き、女の子を救出する!

そして第二のおまえのばしょへと着いたのだった…

女の子は一緒に旅をすることに。名前は「きら」。魔法使いタイプの女の子だ。

f:id:poke-monn:20150722131728j:plain

そしてツーソンめぐりをしている内になんか借金作ってるバンドを見つける。

きらを助けたお礼にお兄さんがくれた札束を使い借金バンドを助けた。

そしてバンドがお礼にバスでスリークに向かわせてくれたのだった…

 

あらすじ3

スリークの街はゾンビに襲われている街だった!

どうしたものかとしている内にセクシーなお姉さんがホテルへ入る姿を目撃。

どうしたものかなんちゅはホイホイ付いて行ってそれが罠でやられてしまう。

やられたあとどこかの地下に監禁されたなんちゅ。そこできらがテレパシーで助けを呼ぶ!

 

テレパシーは雪国にいる男の子へと通じた。

彼の名は「ロック」

f:id:poke-monn:20150722132015j:plain

ロックは学校にいたので学校から友人(ゲイ)の助けを借り脱出。

そうしているうちに発明家の父と出会いUFOできらたちの元へ向かう。

UFOが墜落したけど助かったなんちゅ一行。

ロックの力により脱出し、スリークの街からゾンビをなくす方法を探す。

ゾンビホイホイなる妙なアイテムによりなんちゅたちは次のエリアへ進めるようになった。

 

あらすじ4

お化けに取り憑かれたりやけに死んだりお金が忙しいなんちゅ一行。

そんな先たどり着いたのは「サターンバレー」どせいさんという生き物のいる街?だ。

 

そこでどせいさんたちに迷惑かけてるらしいゲップー(汚え)をやっつけミルキーウェルとやらへ行く。

キノコ生えてきたりダイヤになったり苦戦しながらあんがいあっさり第三のおまえのばしょを攻略した。

f:id:poke-monn:20150722132657j:plain

スリークに戻るとゾンビはすっかりいなくなったようだ。

 

本題

スリークからバスに乗りフォーサイドへ行こうとしたなんちゅ一行。

しかし砂漠の中なんか渋滞してたのでしょうがなく歩いてフォーサイドへ行った。

フォーサイドでは久しぶりに借金バンド(トンズラブラザーズ)と出会うが、また借金を作ってしまったらしい。

砂漠に埋蔵金があるという噂を聞いたので埋蔵金を探しにまた戻っていく!

 

腹が減った埋蔵金掘りのおじさんに食べ物を渡し埋蔵金のあるらしい洞窟へ。

そこにはあなのぬしとかいうボスが5人いた!

…みんな「俺がナンバー3だ!」と言ってるが。

 

あなのぬしを倒しフォーサイドに戻る一行。そこでおじさんが「ダイヤを見つけた」と言いダイヤをくれた。

トンズラブラザーズのマネージャー?にダイヤを渡しバンドは自由になった。

ここの「金 それはほしいもの だけど自由はもっと欲しい」は個人的に名言。

 

その後タイミングよくデパートが開いた。

ウキウキでお買い物をしていると停電してきらが連れさらわれた!

爆発できるんじゃねーのという思いを抑え助けに行こうとするが

ザコが強すぎて断念したのだ。。。

 

 

今回はここまで。いっぱいプレイ日記ためてるからいいかげん一個消化しなければ。

ところでマザー2ってグレイトフル・デッドやらベビーフェイスやら洋楽好きだね。

今後出てくる「ハローそしてグッドバイ」もハローグッバイだし…

広告を非表示にする