読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

暁に雪消え果てず日記

その他 漫画日記 日記 暇つぶし
何故か今このブログで「うしとら」を扱った記事が急にこのブログ人気記事ランキングに入ったのですが、
アニメ化の影響なのか、と。

アニメ放送してるし久々にうしとら話するよー!(作者は地方なのでアニメが見れず…)

ネタバレたっぷり。ネタバレが苦手な方は戻るボタンを。

今回は個人的にうしとらで大好きな二十三章、
暁に雪消え果てす
を語りたいです。
うしとらの中でもかなり泣いた話。
この記事を書く為に読み返してたら結末が分かってるのに涙ボロボロ…

新聞配達のバイトのヤスが雪女の垂に恋をした(すれ違い両思い)が、
垂の母(朝霧)が街中吹雪と雪まみれにする作戦をしたので恋が結ばれない、
そこにうしおととらがやって来て…という話。

朝霧は昔人の男と結婚していたが雪女と告白すると男が逃げてしまい、化物と人は結ばれないと垂の恋を諦めろと言います。
うしおはヤスと会い、ヤスに状況を説明し、
ヤスは垂を助けるために行動します。

何でだろうか、自分はこの話がとても好き。
正直漫画で最も泣いたシーンの1つでもあったりする。この話。
最後のシーンがね…もうね…うしとらの中でもかなり上じゃないか!?という程の個人的涙腺崩壊。
雪女を人間にする方法が分かった瞬間の涙ブワッがたまらん。
最後の最後で朝霧が大泣きするのも泣ける。

…まだ全巻揃っていないんだよなぁ…あと少しで全巻だし早く集めるか…
実は地味に次の話、時限鉄道も好き。


個人的この章の名言
それでも恋しい男と…一緒になりたいものなあ…
垂の母(朝霧)
広告を非表示にする