ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

【追記5/29途中からネタバレアリ】星のカービィロボボプラネットクリアしました!感想をば。

追記・5/29

あと少しで100%なので一部内容を修正しました。


リーク大好きネタバレ超歓迎派である私が感動を味わいたくて唯一リークもネタバレも見なかった作品もといゲームです今回。

 

 

 

星のカービィ ロボボプラネット クリアしました!!!

4月の終わりごろに販売されたカービィの新作ですね。

時間 一日かけてクリア

 

新作なのでまず最初にネタバレなしの感想を、

次にネタバレアリの感想を書きます!

 

【ネタバレなし感想】

 

 

~今作の目玉「ロボボ」~

今回カービィは「ロボボ」といういろいろ謎だけど可愛いロボットに乗って戦います。

といってもいつもロボボに乗ってるわけじゃなくて、たまにロボボが出る程度です。

 

コピー能力がどれもこれもパワーアップ(そして中二病化)します。

障害物を壊すこともでき、ロボボを使った謎解きもあります。

 

 

カービィなのに爽快アクションを遊んでいるようだった~

ロボボの能力が強すぎて爽快アクションを遊んでいるように錯覚しました。

一部の能力がとても強くガンガン障害物を壊して爽快です。無双です。

 

無双とはちょっと違うけど爽快アクションしたい方にも勧められますね。難易度も優しいし。

 

 

~新コピー能力~

ドクター ポイズン エスパー

の三つが導入されました。

全部癖がありますが使いこなせたときは最高です。

エスパーはたぶん声優つながりだと思います。帽子もそうだし。

カービィ役の人はスマブラでネスの声優さんもやってます。意外です。)

 

ただドクターの使いにくさは群を抜いています。変わったコピー愛好家さん使いこなしてください私には無理でしたorz

 

 

~難易度について~

難易度は子供向けという事もあり簡単です。

特にボスは珍しく行動パターンを覚えハメれば即倒せるという難易度の緩さです。

 

しかし後ほどのコンプリート要素でゲーム好きな人にも楽しめると思います。

 

 

~コンプリート要素~

今回はボス部屋に行くには「ICキューブ」というアイテムを一定数集めなければいけません。

ICキューブはいやらしい配置(謎解き・凝った仕掛け・シビアなタイミングで進むなど)に置かれていてちょっと頭を使います。

 

ですが少し考えたり直感でいくと解ける謎解きのためイライラせずに進めます。

新しい仕掛けもちょっと操作するだけで覚えられます。

 

 

~美しさ~

今回は機械というだけあって繊細なデザインのステージが多く美しさに浸れます。

3D機能が活きます。ぜひ全編3Dぶっ通しでやってみてください。

ラスボス戦は美しさで口がにやけました。ラスボスも3Dでどうぞ。

 

 

~欠点~

ロボボのコピー能力が少し使いにくい

ロボボの能力がちょっと使いにくいです。

特にひどいのがエスパーとスパークですね。あの使いにくさは一体。

スパーク当たり判定もうちょっと大きくしてーorz

エスパーは…なんだろう思った通りに動いてくれない…

 

ファイア、アイスは使うたびいちいち止まりますがましな方です。

ボムはほぼ謎解き専用ですね。ボムで謎解きする場面が少しだけありますがほぼ謎解き専用です。

 

 

逆に使いやすいのはストーン、ソードですね。

近距離攻撃なのでとても使いやすいです。これらを使っている時が一番無双感出てますね。

 

 

3Dをオンにしないと少し歩きづらい

立体を活かした仕掛けが多いので3Dwo常時オンにしていないとちょっと歩きづらいですね。

 

 

謎解きの一部が手が疲れる

ロボボの謎解きに「ねじ回し」がありますが…

かなり早くパッドをグルグルしないといけないし、方向も法則性があるとはいえ良く変わるので手が疲れます。

十字キーでグルグルするのもありですね。

 

 

ステージがちょっと長い

ちょっと長いです。ICキューブ集めも合わさって長いです。

特にICキューブ一個取り逃して最初からだとダレますね。

 

 

ボスがはまればすぐ倒れる

ステージボスには短くループする法則性があり、パターンを覚えれば攻撃もあっさり避けれます。

そのパターンすら数パターンで覚えられますし…

 

あとガード。今作ガード強すぎじゃないですか。反則ですよ(終盤で愛用させてもらいました)。

 

 

 

しかしこれらを気にしなくなるほどの長所があります。

 

子供でも大人でも遊べる難易度

美しい映像と美しい音楽

安定のクオリティ

感動の終盤(久々にゲームで口ニヤけて泣きましたよ)

 

これらが素晴らしいのです。欠点を上げましたがゲームをやると些細なことです。

 

最後に☆五つでいろいろ評価します。

 

 

ストーリー ☆☆☆ 星三つですがそれはストーリーの長さで駄目ストーリーというワケじゃないです、むしろけっこういい方

 

音楽 ☆☆☆☆☆ 持ってる中で最高に高いイヤホンを刺しましょう。終盤で心震える音楽が待っています。ここまで良い音楽は3DSじゃ滅多にないでしょう。

 

映像 ☆☆☆☆ 美しい。演出が凝ってます。タイムアタックとかせずにのんびりステージを見るの推奨。

 

難易度 ☆☆☆ ICキューブを全部集めると上がります。逆に最低限のICキューブ集めだと低くなります

 

買いか? ☆☆☆☆ カービィファンなら買いです。ちょっとニヤニヤするシーンもあります。

 

 

総評

爽快簡単大人も子供もお姉さんも楽しめる美しいゲームです。

終盤になると圧倒的に美しいのでぜひ進めましょう。

っていうか私のこの作品への評価、終盤でぐっと上がってるので(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【以下ネタバレアリ感想】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~なお、もうラスボスを倒したと仮定して話を進めております~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カービィぶっちぎりの鬱作~

5/29の追記で最も大きい修正になります。

私は今作、ロボボをカービィぶっちぎりの鬱作だと思ってます。

ここは個人の意見なので鬱作じゃねーじゃん馬鹿って人はこの内容をスルーしてください。


カービィはさんざん子供向けとは思えない展開(こうじょうけんがくとかドロシアソウルとかマホロアの裏切りとかセクトニアが美しさに支配された理由とか)をしてきましたが


今回はぶっちぎりで子供向けじゃ無いです。


といっても表向きは熱血!ロボットに乗って悪役をやっつけろ!

なんですが

裏を見るとカービィぶっちぎりの鬱展開でした。


まず何よりハルトマン親子の存在。


ハルトマンは星の夢の起動実験で娘を失い記憶も心も捨てた。

これだけで充分暗い過去ですがこれに打撃を与えるのがスージーと真勝ち抜きのボスページです。



スージー。

本名「スザンナ・ファミリア・ハルトマン

起動実験に巻き込まれ、どこかの世界(ハルカンドラ?)に行ってしまいます。


あまりにもハルトマンが娘を失った理由と似すぎている。

その上に名字まで一緒である。

ついでに言うとスージーとハルトマンはボスとしての行動が似ている

スージーとハルトマンは髪の毛をサラッとさせる癖がある

この二人は親子であろう…その可能性がまた打撃を与えるキーになるのです…


本編でもハルトマン死んでんじゃねこれって展開なのに

真勝ち抜きの「星の夢Soul.OS」戦…

もしも、真勝ち抜きでハルトマンが星の夢に乗っていたら…


カービィがダメージを与える度心を消されていくというぶっちぎりの鬱展開がやって来ます。


壮大な親子のすれ違い。これが私の中でロボボをぶっちぎりの鬱作にした原因です。


最後の展開に燃えた~

最後、ラスボス戦の前にロボボでハルバートをコピーします。

ここのシーンで涙出かけました。口をニヤニヤさせて見てました。リーク見なくて良かったと一番感じたシーンです。

 

 


お約束、素顔~

一回目のメタは仮面われなくて「あれ」ってなったけど二回目で割れて安心した。

そしてお約束、倒した後一秒だけの素顔。

 

 

~ハルトマン~

すぐラスボスに存在を食われる影の薄い社長です。まあラスボスはハルトマンと一体化しますが。


ハルトの由来はHeartかHalt(プログラム停止)の洒落かけでしょうか。

英語版の名前は確か… Max profitt (マックス・プロフィット)

Haltmann……当てはまるのは……Halt(プログラム停止)…orz


 

~PROGRAM~

ステージの頭文字をつなげると「PROGRAM」プログラムになります。

FLOWERやCLOUNEDみたいに意味がありました。

間違いなく心を持った「星の夢」の事でしょう。

 

 

~最期の音楽に鳥肌~

ラスボスのBGM反則ですよあんなきれいな音楽3DSで聞いたことないですよ。

任天堂から販売されるゲームで音楽で最近の鳥肌なんてポ○モンのミツルとヒガナくらいだったのでもう鳥肌。

イヤホンの音量をいつも中くらいにする私ですが思いっきり大音量で聞きました。反則ですよ。

ラスボスの曲がオープニング画面だなんて反則です。

 

 

~なんでだろう最終幻想7思い出した~

全然関係ないです。

「今までファンタジーだったゲームが」「機械の文明…ファンタジーSFに行く」

という部分で最終幻想7思い出しました。

まあ今回っきりかもしれないけど。なんか機械メカメカがどーんと押し出された最終幻想7思い出した。

 

 

~最期の展開に泣いた~

ゲームで泣いたのはDeemo以来ですね。(Deemoクリア今年2~3月)

 

 

 

 

 

思いっきりネタ晴らししますよ。星の夢倒した後の展開ネタ晴らししますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

星の夢を倒し力を使い果たしたカービィを壊れたはずのロボボがポップスターに返します。

そして返す時にロボボが目から液体(涙?)を出します。

 

 

ここで泣きましたよ。ターミネーター2のラストみたいで泣きましたよ。

ロボボはいつも誰かに使われてました。意思なんて無さそうです。っていうか意思無いですラスト除いて勝手に動いたシーン無いですもの。

 ロボボにも「PROGRAM」があったのでしょうか。それとも「PROGRAM」を持った星の夢と戦ったから意思ができたのでしょうか。

 

 

あの目からこぼれたものは何でしょう。壊れて目の部分からなにか出ただけかもしれませんが。

ロボボの手が動いたシーンは最初「カービィが手を上にしたから動いたのかな」と思ったらカービィは気絶してますし目も開けてません。

明らかにロボボが自ら動いたのです。それに気づいたとき泣きかけましたが

目から何かがこぼれたシーンで泣きましたよ。反則ですよ。このシーンのせいで私のこの作品における評価はガっと上がってますよ

 

 

 

 

総評・大満足

面白いアクションでしたッ!

任天堂(HAL)さんこんな作品作ったらまた次回作のハードル上がりますよ大丈夫ですか!?

毎回ラスボスの音楽でこれ以上作れないと思ってるのにもっと凄いの作り上げてるし!?