読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

これはやばい。いろいろやばい。

やばいことになった。

早く簡単に記事で言いたいことを理解したかったら「ジプレキサ 病気 で調べて出てくる病気」をぐぐってくれれば何を言いたいか分かると思う。

 

 

とりあえずやばい。

 

ことの発端は個人ホムペの二次小説を読んだ後だった。

 

読んだ後、どうも頭の中のフレーズがずっと繰りかえる。

私に「俺は(キャラ名)だ」と語りかけてくる。

 

これはやばい。

そう直感で思いフレーズを無視してみた。

 

そうすると頭の中で、耳から聞いたようにハッキリと歌が再生され

「私は考えを見ているあなたの考えてることもわかる」と繰り返し心の奥底から湧き出

破壊の目覚まし音が顔の後ろ下あたりで小さくバックグラウンドを鳴らしていた。

 

熱くなり氷を食べようとすると

「もっと食べろ…もっと食べろ…」

と命令されるものの一応無視して一粒だけにしといた。

 

そうすると次は

「氷が溶けたものは全部口からたらせ(こんな感じに言われた)」と言われる。

溶けたの飲み込んだら「おいっ」と聞こえたが。

 

そういえば昨日あるファン小説を見てたら意識が遠くへふっと移動し

身体はスマホを操作してるはずなのに動かされてる気がした。

目の前が夢から急にウツツへと移動するものの遠くへ行ったベールは剥がれない。

 

 

これはやばい。いろいろやばい。

 

今書いたものはさっきまでの私では洒落にならないほどの現実だったが

文章に起こすと夢をメモしたノートより奇抜だ。

夢で幻だ、しかし現実という、完璧に奇妙な出来事が起きている。

 

文章に書き起すとやばい。

これは食前に書いた記事でもあるからかもしれないがやばい。

そういえば最近、薬を飲んでてもまったくぽっちも効かない。

 

全く効かなく破壊と怒りがパスタとゆで玉子茹でた片手鍋のように泡が沢山出てもれる寸前っていうか漏れてるが

それをなんとか抑えてるという。

 

 

やべぇ今までにないほど文章が破綻している。

だが、こういう夢ノートに書くような文章でしか今を表せられない。

 

これはやばい。いろいろやばい。

 

病気から「望めば入院できる」と言われたほど病は悪化してると聞いたが

これが「望めば入院できる状態」なのかと思うと…うう、身震い。

 

一時的に、寝る前の一時的というほど一時的だが、天井に透明な監視カメラがくっついてると強く信じてた。

おまけに、頭の右上から電波が出て部屋の角すみに小さな機械がありそこから電波を吸われてると思ったら。ガチで。

 

 

これはマジでやばい。

今までこんな話聞いても「ねーよwww私はならないからwww」と思ってたがガチでやばいかもしれん。

さすが百人に一人がかかる病気だ。やばい。可能性出てきた。

 

やばいと思ってる内は大丈夫なのか?

やばいと自覚しててもあの病気なのか?

とりあえず、やばい。へるぷみー。

広告を非表示にする