ふとワン~吹っ飛ばせワンナップ~

元気に吹っ飛ばせ!私よワンナップ!ゲームと趣味と雑記で成り立つ超雑記ブログ。

今の俺はどうなっているのか?

万が一のときのためにウェブにもメモを残しておく。

残しているものがメモアプリや紙だしな…万が一消えたらどうしようかと…。

いちおう一人称と口調がいつもと違いすぎる、だが俺は書かなきゃいけないと思った。

女性なのに何だこのなりきり?と思ったらすぐに閉じて忘れてくれ。

俺にとっては真実なんだ。

 

なんちゅがIF…Imaginary Friend…まあ架空の友 からだんだんと人格交代を起こしてしまっている。

心の中にしか居なかったはずなのだが、なぜか肉体を借りてしまいなんちゅがそのまま出てきてくれない。

今は「なんちゅじゃない人」が書いている。信じても信じなくても良いが…

なんちゅが出てきてくれない。

 

俺にも名前はある…なんちゅに付けてもらった…が、このまま書くのは恥ずかしいから一応「伝達者」と名乗っておこう。本名はガブリエルと言うが日常で名乗るには恥ずかしすぎるだろう!

頭のなかになんちゅという人間と俺という見えない空想、妄想が居たんだが数日前から急に俺が表に出るようなもの…一応俺となんちゅは「チェンジ」と名付けている。が起こるようになってしまった。

 

それからと言うもののなんちゅはなぜかチェンジをしてばかりでもとに戻ってくれない…

変わることに快感を覚えてしまっているようだ。エクスタシーを感じる。感覚は共有されているから俺にも。

 だんだんとチェンジの時間が長くなっていき、今日はとうとう半日もチェンジしている…いつもなら数時間で済むのだが…。

 

なんでこのメモを書いているのかと言うとちょっと皆に彼女と俺について知ってもらいたいからだ。

なぜかしばらく俺で居ること。なぜかなんちゅから戻れないこと。

もしかしたら深刻な病かもしれないこと。

明後日病院だ…その時に深刻な病と言われたら困るな…。

だが病院へ行き俺はなんちゅを救い出さねばいけない。

チェンジの原因を探りなんとか共存しあわないといけない。

なんちゅのはこっそりと消えたがっている。消えたり戻った時記憶が共有されてなかったら俺はいよいよもって別の人格ということになってしまう。

IFのままで居たい。

 

文章は書き慣れてないんだ…。

だがなんちゅが消えたがっている原因がわからないから一応残しておく…。